留学教育フォーラム
Ryugaku Education Forum
月〜金 10:00-18:00
お問い合わせはお気軽にメールでどうぞ
Email : ref@r-e-f.co.jp
   HOME  お問い合わせ 相談   資料請求   カウンセリング予約   お申し込み  所在地

REF プログラム規約・同意事項
私は保護者とともに留学教育フォーラム又は現地提携教育機関の示す約束事(@学校へのアプリケーションフォームの内容、A各パンフレットに記載のルール、規約、同意事項、B留学教育フォーラム出版のわくわく留学本シリーズの内容)を十分に理解しそれを遵守するものとします。また以下の同意事項を守り、留学生として常識と節度ある礼儀正しい生活を心掛け、自己中心的でなく常に相手の立場を理解し忍耐と寛容の精神をもった国際人となることを誓います。

<留学決定後から留学前まで>
留学決定後も、生活態度、学業成績の留学合格基準を維持するように努めます。また留学基準を満たなくなった場合、あるいは留学教育フォーラムにより生活態度が留学生としてふさわしくないと判断された場合、留学合格取消とされても、その決定に従い、異議を申しません。

<プログラムへの参加>
・受入国に滞在中はその国の法令または公の秩序、若しくは善良の風俗に反せず、全ての問題について法廷保証人である受け入れ団体、指定のコーディネーター、受け入れ学校、受け入れ家庭及び留学教育フォーラムの規則と運営方法、指示と決定に従います。渡航に際しては留学教育フォーラムの指定する日に出発します。帰国日に関しては留学教育フォーラムの指示に従います。国際的な相互交換プログラムの性格上、受け入れ家庭の決定及び変更プログラムの運営方法については全て留学教育フォーラムでなく受け入れ団体の責任のもとに行われますのでその指示決定に従います。

<受け入れ家庭>
・家族の一員として滞在地の生活を体験し、相互理解をもって国際交流をはかります。したがって、受け入れ国の生活様式、風俗習慣、受け入れ国の法律・法規・受け入れ団体・受け入れ地域の運営のあり方、受け入れ家庭の生活様式に従います。与えられるものをただ待つのではなく、積極的に自ら生活を作り出すことにより、異文化を理解し国際的視野を広め、国際人として人間の形成に役立たせ、常識と節度を守り、礼儀正しく、正直と親切、寛容と感謝の気持ちとその言葉を
忘れず日本の民間大使となるように心掛けます。プログラムでは善意ある外国の家庭で生活を共にする関係上、参加者が受け入れ家族と問題を起こしたり、外部のものに受け入れ家庭の悪口を言ったりなど、受け入れ家庭に迷惑を及ぼした場合、受け入れ団体及び家庭が独自の判断で受け入れを拒否した場合、プログラム契約を解除する場合があります。一般に受け入れ家庭はその国や地域で認める平均家庭がほとんどで、家族の宗教、職業、家族構成(大家族や独身家庭、片親、子供のいない家庭など)、人種、国籍、民族的背景、生活様式、受け入れ地の文化、社会環境、経済事情、その他の家庭の事情は様々であること。また、全ての受け入れ家庭が外国人をボランティアでお世話しようという気持ちを持った家庭であることを理解します。受け入れ家庭の決定に際しては申込書、ホストファミリーへのメッセージをもとにある程度参加者の希望は考慮されますが、参加者はお世話を受ける側ですので受け入れ家庭の家庭状況、家族構成、職業など必ずしも希望通りになりません。受け入れ団体の運営方法、申込書の提出の遅れ、受け入れ家庭の変更やキャンセル、その他、現地の都合により、受け入れ家庭の決定の連絡が遅れる場合があります。受け入れ団体により決定された受け入れ家庭の変更を理由なく要求しません。受け入れ家庭への友人の招待や個人的な外出等は必ず家庭の許可を得ます。また家庭の生活のスケジュールは尊重し、どこかへ連れて行くことを強要したり、無理な要求はしません。自分の部屋の片付け、食後のテーブルの片付け等家族の一員としての仕事や、家庭で習慣となっている仕事は進んで手伝うように心掛けます。個人的な買い物や外食、長距離電話、国際電話等は自分で負担します。受け入れ地区の地域性及び受け入れ家庭の生活程度や事情を良く理解し、与えられる受け入れプログラムについては他との安易な比較のもとに羨望や非難をしません。受け入れ地区の事情から滞在家庭が複数あるいは複数滞在になる場合、これに異議を申しません。留学中の個人的費用(小遣い等)の額については受け入れ家庭の両親による制限を守り、日本から送金されたものは銀行に預金しその使用については受け入れ両親の指導に従います。受け入れ家庭との間では金銭の貸借をしません。もし金品の賃借があったとしても個人の責任においてこれを行うものとします。家庭の変更が認められた場合、受け入れ団体が責任をもってあたりますが新しい受け入れ家庭の用意が整うまで、仮の滞在方法(例えばコーディネーターの家庭など)がとられる場合があります。また新しい受け入れ家庭が学校関係者や留学生の自身の知り合いなどになる場合でも、受け入れ団体の責任のもとに、その規則に基づいてプログラムが進行することを理解します。留学生は学校又はホストファミリーにおいてトラブルが生じた場合、速やかに留学教育フォーラムの現地提携機関(現地ホームステイ協会または学校のホームステイスタッフ)に報告し、その指示を仰ぐものとします。ホームステイでの留学生の素行が滞在中著しく悪い場合、留学教育フォーラム又は留学教育フォーラム現地提携機関の判断により帰国させられる場合があるものとします。

<学生寮、ホステル、コンドミニアム滞在>
学生寮、ホステル、コンドミニアムによって決められたルール(例えば門限など)に従い、お互いが気持ちよく滞在できるようにします。学生寮、ホステル、コンドミニアムにおいて部屋又はルームメートの変更がやむを得ず発生してしまう場合は現地スタッフが対応にあたります。その際に、新しい部屋が見つかるまで仮の滞在方法を取る場合がありますが、現地担当スタッフの指示に従うことを理解します。学生寮、ホステル、コンドミニアムでの留学生の素行が著しく悪い場合、現地担当スタッフの判断により退寮、又は帰国させられる場合があるものとします。学生寮、ホステル、コンドミニアムでトラブルが生じた場合は学生寮、ホステル、コンドミニアムのスタッフ又は現地学校スタッフに速やかに連絡し、指示を仰ぐものとします。留学生の一方的な非によって部屋の変更、ルームメートの変更を希望する場合は変更手数料が学生寮、ホステル、コンドミニアムのルールによって発生するものとします。また途中キャンセルする場合も返金はないものとします。その他生活規則(生活態度)などの規則は<受け入れ家庭>の同意事項、規約に準ずるものとします。


学校での生活>
・学校の諸規則及び教職員とカウンセラーの指示に従い、特別の場合を除いては欠席することなく、成績の向上に努め留学生として恥じない行動をします。・学科の成績、単位数、停学、退学、卒業は学校当局の決定に従います。・特定の科目(例えばDriver Education、ESL、一部の主要科目など)設置状況は学校、学校区、州などにより異なるので、必ずしも受講できない場合があります。学校関係者や他の生徒とは良好な人間関係を形成するように努めます。ただし、個人的な善意の提言と、責任ある公式の決定とは必ずしも一致しないことを十分認識し、慎重に行動します。学校の都合により授業の時間や内容、期間は変更になることがあります。留学教育フォーラム又は留学教育フォーラムの現地提携機関の指示に従うものとします。学校での留学生の素行が滞在中著しく悪い場合、留学教育フォーラム又は留学教育フォーラムの現地提携機関の判断により帰国させられる場合があるものとします。

<留学中の行動>
・友人からのパーティや小旅行の招待には必ず受け入れ家庭の許可を得るようにし、特に友人の選択には注意します。未成年の留学生は自動車、オートバイの運転をしてはいけません。ただし学校の授業としてDriver Educationをとり、指導員が助手席にいる場合は除きます。留学生のアルバイトは通常禁止されています。留学生は学校のカウンセラー、ガーディアン、若しくは校長先生の許可なく学校を休んではいけません。病気などで欠席をする場合は必ず学校にその旨を伝えなければなりません。男女の交友については自らの責任において行動を慎み、留学生としての本文を忘れないように注意します。留学中及び学校終了後の現地国内旅行については、留学教育フォーラム及び留学教育フォーラム現地提携機関の規定に従い、必ず受け入れ家庭、日本の両親の許可を受けます。その条件を満たさないときには許可されない場合があることを了承します。無断外泊、喫煙・飲酒(未成年)、大麻及び麻薬の使用等はいたしません。異なる生活文化や習慣のなかでは、留学生の行動について地区責任者、受け入れ家庭や学校関係者などの評価と報告が、留学生自身及びその保護者の認識と異なることがありますが、自分の価値観を振り回すことなく、積極的に相手の指摘を理解するように努めます。また、上記の各関係者間に意見の相違があったとしても、各種の情報や報告をもとに最終的な決定権を持つのが留学生の法的保証人である受け入れ団体であることを了承し、その支持に従います。

<留学生及び保護者の責任>
・本プログラムの趣旨、内容について十分に理解しての申し込みですので留学決定後に費用を含む内容について異議を申しません。・留学決定後及び留学中に本同意事項を守れず、または他の理由で留学不適当とみなされた場合、プログラム参加あるいは継続を取消されることに異議を申しません。また、これに伴ってのプログラム費用の払い戻しはないことを認めます。プログラム費用納入については基本的に留学教育フォーラムと本人または納入責任者である日本在中の保護者の間にのみ執り行われます。本プログラム申し込み受理を受けてからプログラム終了に至るまで、受け入れ団体、受け入れ家庭、留学教育フォーラム、学校などに損害を与えた場合には直ちにその保障をいたします。外国滞在中の留学生に関して不法または反道徳的行為、あるいは盗難、病気、傷害あるいは死亡が発生した場合、関係する受け入れ団体、受け入れ家庭、留学教育フォーラム、学校などのいずれに対しても、いかなる金銭的またはその他の責任を問わないことに同意し、それに関わる経費について賠償します。留学生が外国滞在中、緊急に外科手術あるいは医療手当てを受ける必要が生じた時、時間的余裕のない場合には、日本の両親の同意なしにその処置をする場合があることを理解します。留学生は、各種手続きや報告、家庭や学校への要望の伝達などにあたり、本人がプログラム関係者(日本事務局、受け入れ家庭、地区責任者、学校関係者など)に直接、意思表示するように努めます。自立の精神から保護者はそのように留学生に指示します。保護者からの要請あるいは留学教育フォーラムの判断による、留学生へのカウンセリング等を目的とする国際電話は原則として保護者の負担とします。(留学教育フォーラムまたは、留学教育フォーラムの現地提携機関はいかなる場合においてもコレクトコールを受け付けません。)留学中に諸問題が発生した場合、受け入れ団体がその解決に当たりますが、日本の保護者が受け入れ団体および送り出し団体の了解なく直接関与したことにより発生したトラブルの責任は受け入れ団体および送り出し団体にないことを認めます。進級や進学を含む進路の決定は留学生の責任においてなされ、また、これに必要な資格、条件、能力は留学生本人
の責任において満たすことを了承します。

<留学教育フォーラム管理>
・学校またはガーディアンよりレポートが提出される場合は留学教育フォーラムより随時、確認の上でお送りしていきます。
(但し短期プログラムは除く)
・現地で学校、滞在に関して問題が発生した場合、現地での状況をできる限りご両親に報告すると共に、現地スタッフと共に解決するべく努力します。日本のご両親からの質問に関して誤解のないよう分かる限りお答えをします。基本的には留学先での問題は現地で本人が解決をするものであり、留学教育フォーラムでは、それをサポートしていくものです。

<帰国後>
・留学を終了、もしくはなんらかの事情により途中で終了して帰国した時点からは、本プログラムの終了を認め、全ては本人及びその保護者の責任となります。なお、帰国に際し日本事務局職員の空港出迎えはありません。

<取消料・変更料>
・選考料、登録料のご入金後の返金はいたしません。選考の結果、推薦が決定した後出願後のお取消に関しては出願料、手数料、手続料は返金いたしません。出願後、受け入れ機関での最終審査の結果、不合格になった場合でもお支払いいただいた登録費、手続き料は返金いたしません。ただし先払いの授業料は返金をします。留学地での最終審査合格後のお取消はお支払いいただいた全ての費用をお返しすることができません。留学開始後にコースを変更することは原則としてできません。申込人とその家族や代理人(以下申込者)の希望で変更する場合(未成年者は親権者の同意が必要)、その手続きや研修に関してかかる費用は申込人の負担となります。また既に支払われている費用は返金されません。留学教育フォーラムはいかなる場合の解約も受け付けません。留学生のコース内容の変更または解約は留学権利の放棄とみなし返金は発生しません。逆に変更・キャンセルチャージが発生する場合もあります。プログラムの延長を望む場合、プログラムの終了前に十分な余裕を持って、留学教育フォーラム又は留学教育フォーラム現地提携機関を通して手続きをします。

<契約解除>
留学教育フォーラムは次のいずれかの事由が生じた時は本契約を直ちに解除する事ができます。この場合申込者が支払った手数料、研修費用などの費用は理由の如何に関わらず返還されません。また以下の場合に伴ったいかなる問題の責任を留学教育フォーラム又は留学教育フォーラムの現地提携機関は一切負わないものとします。申込書の内容に虚偽の記載があった場合。病気などの理由で医師により当該研修に耐えられないと認められた場合。申込者が留学教育フォーラム又は留学教育フォーラムの現地提携機関の事前の了解を得ず滞在先を出た場合。滞在地区の法律、公序良俗に反する言動、行動があった場合。滞在家庭、学生寮、ホステル、コンドミニアムから正当な理由で滞在を拒否された場合。学校から退学、退校処分にされた場合。

<免責事項>
・(株)留学教育フォーラムは参加者自身および見回り品に対して被られた被害・損失・天災・地変・戦乱・同盟罷業・海陸空における不慮の災難・交通事故・政府・公共団体の指令・暴動・空賊・盗難・詐欺・流行病・隔離・税関規則・その他やむを得ない事由による場合は責任を負いかねます。留学生の病気・事故などで帰国が必要と認められたときは留学教育フォーラムは責任を負いかねます。VISAの取得に関する責任(入国及び滞在期間)は留学教育フォーラムは負いかねます。入学の合否に関する責任は留学教育フォーラムは負いかねます。留学生の起こしたいかなる犯罪行為、訴訟問題、賠償責任に対する責任は留学生(又は親権者)にあるとし留学教育フォーラム又は留学教育フォーラムの現地提携機関は滞在管理、学校管理とは別に一切の責任がないものとします。

<任意保険>
・留学期間中の病気、入院及び生命に関わる保証は留学教育フォーラム指定の又は個人で加入の任意保険(留学保険)に準ずるものとします。

<留学全般に対する留学生の責任>
留学教育フォーラムは留学を成功させる為、また他の留学生の迷惑にならないために留学生としてのモラルが守られない行動(学校に通わない、ホストファミリー又は現地スタッフに関する問題行動、留学教育フォーラム、又は留学教育フォーラム事前の通告無しの行動等)に対し留学する資格がないとし強制送還、又は留学生の管理義務を放棄する場合があるものとします。その際にコース費用・留学費用の返金は行われないものとします。また、留学生の行動により留学教育フォーラムが損害を受けた場合は留学教育フォーラムは留学生からの損害賠償を申し受けます。留学生が未成年の場合、ガーディアンの指示に必ず従うこととし、必ず報告の義務を怠らないものとします。留学生が未成年の場合、現地でいかなる責任も親権者が持つものとします。親権者は留学生が合意書を守る事を保証し、守られない場合に生じるいかなる問題の責任を持つものとします。以上の留学条件は2007年1月1日を基準として作成されたものです。

HOME  お問い合わせ 相談   資料請求   個人情報の取り扱いについて  お申し込み  会社概要  所在地

株式会社 留学教育フォーラム
Email ref@r-e-f.co.jp
Copyright (C) Ryugaku Education Forum. All Rights Reserved.