留学教育フォーラム
Ryugaku Education Forum
月〜金 10:00-18:00
   HOME   お問い合わせ 相談   資料請求  カウンセリング予約  規約・同意事項  所在地

わくわく留学体験談

高校留学レポート  伊藤 基和 くん (アメリカ/オレゴン州)

■留学期間  アメリカ・カナダ高校留学 3年目
■学校名@ Salem Academy/アメリカ私立高校在学中(2003年9月〜)
■学校名A カナダ公立高校在籍 (2004年9月〜2005年6月)
■滞在方法 ホームステイ
■体験談のスタイル 一時帰国中にアンケート及び体験談をお持ちいただきました。
■このプログラムを見る カナダ高校留学についてへ  アメリカ高校留学について
             「私が留学をして得たこと変わったこと」

 私が中学2年生のころ、ある出来事がきっかけに英語がとても大好きになりました。それは英語の授業で外国の先生と個人面談をするものでした。そのころの私の成績というのは本当に最悪で高校行きも危うい状態でした。しかしその面接で私は外国人の先生と会話をなんとか英語で出来てしまったのです。もちろん今思えば簡単な会話にすぎませんでしたが、あのころ学校の成績が最悪だった私にとっては十分すぎるほどの自信となりました。そんなこともあり受験の年、私は留学をすることを決断しました。そこで生じるさまざまなデメリット、家族や友達と会えなくなる、日本食があまり食べられなくなる、好きなテレビ番組が見られない、などがありましたが英語を話せるようになることとくらべた時、全くと言って良いほど迷いがありませんでした。
 留学という行動は生半可な動機での参加を間違ってもしないことをお勧めします。あのころ私は断固たる決意で留学することに努めました。そして二十四時間英語だけで過ごすわけですから最初の数ヶ月はものすごく大変であることを理解し、また覚悟しました。今この日本で留学を考えている人がいたら、最低この2つは念頭に入れておかなければならないと思います。

 私の留学1年目の最初の3ヶ月、それはもうはっきり言って地獄でした。しかしその中で友達やホストの協力のもと、とても楽しい留学生活を過ごすことができました。この経験は今の私の人生そのものとなっているからです。自分の性格や人生観がまったく良い方向へ改善され、今まで生きてきた中でこんなに自分自身でそのことを肌で感じたことはありませんでした。しかしその経験が出来るかはあなた自身に委ねられています。よく人は「やれば出来る」とか「頑張れば出来る」とか言いますが、私はその上に「めちゃくちゃ」を付けて「めちゃくちゃやれば出来る」ほどやらないと留学は成功しないと思います。

 他にも「死ぬ気で頑張る」と言う人がいますが、本当に死ぬほどやっている人は少ないと思います。私はこの2年、死ぬほどやっているつもりでいます。1年目終了時には胃から出血していたことが判明し病院に通いました。そのため私は2年間で約16kgも痩せてしまいました。それでも英語の熟達に対する執念は衰えません。皆さんも「めちゃくちゃ」やれば英語を話せるようになるでしょう。その時、留学して成功した人だけにしかわからない何かに出会うことが出来るでしょう。

〜これから留学する方へのアドバイス〜
・留学は母国を離れ、異国の地、また異なる言葉を使わなければならない。そして文化や意見がまったく違うのでそれを念頭に入れて頑張ってもらい。

〜REFより〜
基和くんは、とっても真面目で周りに気配りをする心を持った生徒さんです。日本への一時帰国の際には、よく弊社へ足を運んでくれます。カナダへの留学からお手伝いをしたのですが、滞在中はホストファミリーのために得意の餃子を100個近く作った!などのエピソードを話してくれました。アメリカでの高校卒業に向け、これからも一同応援しています。
写真取り込み中 写真取り込み中 写真取り込み中



HOME  お問い合わせ 相談   資料請求   個人情報の取り扱いについて   規約・同意事項   会社概要  所在地

株式会社 留学教育フォーラム
Email ref@r-e-f.co.jp
Copyright (C) Ryugaku Education Forum. All Rights Reserved.